忍者ブログ
Admin / Write / Res
「朕が股肱の老臣を殺戮す、此の如き凶暴の将校等、その精神に於いても何の恕すべきものありや」(昭和天皇)
[368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【やばいぞ日本】第3部 心棒を欠いている(1)Sankei WEB
http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070927/ssk070927000.htm

■自爆テロに攻撃された日本船 「命綱」の守りは多国籍軍任せ

 ここに掲載した写真(日本郵船提供)は、日本郵船の超大型タンカー「TAKASUZU」
(高鈴、28万トン)である。ペルシャ湾からはるばるインド洋の波(は)濤(とう)を越えて、
原油を日本に運んでくる。

 原油の9割を中東に依存する日本の命綱の一つであることはいうまでもない。それが
電力をはじめとして日本経済を支え、クルマを自在に走らせている。

 ここまでは読者になじみ深い、ごくありふれたタンカーの写真とその説明である。しかし
これらタンカーが中東からのシーレーンで、テロ攻撃を受けたとしたらどうなるか。とたんに
エネルギー供給は干上がり、日本経済は壊滅的な打撃を受ける。
石油危機の再燃である。

 実はこの「高鈴」が、ペルシャ湾のイラク・バスラ沖で実際にテロ攻撃を受け、間一髪で
撃沈をまぬがれていた。このとき、タンカー・テロを寸前で阻止したのはペルシャ湾に
展開する多国籍軍であった。

■死者3人

 英ペルシャ湾派遣艦ノーフォークの作戦日記によれば、2004年4月24日、石油
積み出しターミナルが小型の高速ボートによる自爆攻撃の標的になった。ターミナルの
損害は軽微だったが、係留中だった「高鈴」が危機に直面した。

 多国籍軍の艦艇が、ターミナルに接近中の不審な高速ボート3隻を発見し、銃撃戦
になった。うち1隻の高速ボートは「高鈴」の手前数百メートルで大爆発を起こした。

 東京・丸の内の日本郵船本社には、現地から「本船がやられた」との無線連絡が入り
衝撃が広がった。ほぼ同時に防衛庁情報本部も事件をキャッチした。

 タンカーは船体を銃弾でえぐられ、鉄製ドアが吹き飛ばされただけで済んだ。しかし、
この自爆テロで、多国籍軍のうち米海軍兵2人と沿岸警備隊員1人が死亡した。
タンカー・テロは阻止されたが、手痛い犠牲者を出してしまった。

 その数日後、国際テロ組織アルカーイダに関係するザルカウィ容疑者の犯行声明
が出た。彼らはタンカーを狙えば原油価格が高騰し、西側の主要国が耐えられなくなる
と信じている。

 ペルシャ湾内には「高鈴」を運航する日本郵船を含め、日本関連のタンカーだけで
常時40~50隻がひしめいている。日本郵船の安全環境グループ長、関根博さんは
「多国籍軍が警戒していなければ、とてもバスラ沖には近づけない」と語る。

 他方、供給側のイラクは国家予算の90%を石油の輸出に頼っており、これらの
ターミナルが使えなくなれば国の再建は困難になる。

 そこで多国籍軍は、「高鈴」事件以降、石油積み出しターミナル周辺に一般の船が
許可なく入れないよう半径3000メートル以内に警戒ゾーンを設けた。海域の安全は、
日本など原油の供給を受ける受益国にとっても、供給国のイラクにとっても生命線なのだ。

 多国籍軍はこれら海上テロを阻止するために、ペルシャ湾からインド洋にかけ3つの
部隊に分けて「テロとの戦い」の任務についている。このうち「高鈴」が狙われたのは、
地図上で赤色に塗られたペルシャ湾の最深部である。

 日本は法的な制約から、ペルシャ湾の「戦闘海域」に海上自衛隊の艦船を出せない。
そこで海自はより安全な青色のインド洋上に補給艦などを派遣し、多国籍軍に給油
活動している。海自艦が直接的に海上テロを排除できないためにタンカーを守るのは
他国依存にならざるを得ないのである。

 その根拠となるのがテロ対策特別措置法だ。それさえ野党は、「日本の安全に関係
ない所への部隊派遣はできない」と延長に反対する。

 関係ないどころか、密接にかかわることを「高鈴」事件が示している。補給艦はこれら
「テロとの戦い」を支援しているのであり、同時に、日本の「国益」に直結する経済動脈
をも守っている。

■敵前逃亡

 灼熱(しゃくねつ)のインド洋でいまも、海上自衛隊員が黙々と補給艦から外国艦船
への給油に汗を流している。この海自艦がインド洋から去ると、補給艦の給油に依存
しているパキスタンの艦船が撤退せざるを得なくなる可能性が高い。

 パキスタンは多国籍軍の中の唯一のイスラム国であり、アフガニスタンへの影響力が
大きいだけに、その撤退によって友邦が受けるダメージは大きい。それは、日米の同盟
関係を無用に傷つけることにもなる。

 海自艦撤退の可能性を13日の英紙フィナンシャル・タイムズは、1面で「武士道では
ない。臆病(おくびょう)者だ」という見解を伝えた。海自が補給艦を出せなければ、
他の国が肩代わりをしなければならないから“敵前逃亡”に見えるのだ。

 英国の作家、ジョージ・オーウェルはこうした安全保障の盲点を半世紀以上も前に
述べている。「平和主義者。彼らが暴力を“放棄”できるのは、他の人間が彼らに代わって
暴力を行使してくれるからだ」(『オーウェル評論集』岩波文庫)

 多国籍軍に陸上部隊や艦船を送っている各国には、日本のテロ特措法が政局の
「人質」にとられたとしか映っていない。米誌ニューズウィーク最新号は「無責任政治に
国外から大ブーイング」と皮肉っている。少なくとも米国には、「安全保障をめぐる党利
党略は水際でとどめよ」という伝統がある。共和党も民主党も、一朝有事には自国を
守ることを優先して決定的な対立を避けるのだ。

 それが君子のならいというものである。まして「高鈴」事件のように、米国など多国籍軍
の犠牲のうえに日本経済が支えられていることを忘れては信義にもとる。

 国連安保理事会は19日にアフガンの国際治安支援部隊(ISAF)の任務を延長する
決議を採択し、日本の補給活動などへの「謝意」まで盛り込んだ。日本は少ないリスクで、
予想以上に感謝される任務についている。

 いまも「高鈴」は26日現在、海自艦が警戒するインド洋の北側、アラビア海を西に
向かって航行している。数日後にはそのペルシャ湾に入ることになるだろう。

 日本郵船の関根博さんは、テロ特措法がなくなって日本のタンカーが無防備に
なることをもっとも恐れる。

 「タンカーは危険地域でも行かねばならない。ペルシャ湾内もできれば海自艦に守って
ほしいがそれができないからインド洋で補給活動をしていると理解している」

 国際社会でテロ、侵略、恫喝(どうかつ)をなくすことは不可能に近い。日本という
有力国が、一国の勝手な都合だけで脱落することは、他に危険と負担をツケ回す
ことに等しい。(湯浅博)


<当記事>

タンカーでお仕事をしている船員の方々のご発言は重いものがあり、思わず言葉を
なくします。日本の民主党は何を根拠に反対しているのか、これを明確にしないと次の
選挙で危なくなるのは民主党だということを肝に銘じる必要があります。

「この自爆テロで、多国籍軍のうち米海軍兵2人と沿岸警備隊員1人が死亡した」と
なると事態はさらに深刻であり彼らは米国の国益のため、テロと戦うためにその場にいた
にせよ、このケースそのものは日本国籍の船(生命・財産)を守るためでもあったことを
考えると日本国政府及び国民が戦闘をせずに済みながらも国際貢献として効果的な
活動である給油活動を止めて撤収させる判断を下すことが日本の国益、国際社会に
与える影響、また国際社会が与える日本に対する影響のためにも賢明な判断と言える
のかどうか。それらを検討した上で反対の意思を示しているのでしょうか。否でしょう。

根回しが足りなかったのかロシアが棄権したとは言え安保理が『日本の補給活動
などへの「謝意」まで盛り込んだ』決議を採択したというのに海自を撤退させるというのは
あまりにも愚策としか申し上げる外ありません。日本そのものが平和なのは事実上の
「戦線」が中東や海上など比較的遠方にあり米国などを含む諸国の協力に基づくもので
あるからに他ならず、ただただ口先だけの「平和」を唱え祈っているからでは無いことを
我々は最早知るべき時期に来ているのかも知れません。

民主党には「少ないリスクで予想以上に感謝」されている現在の給油活動に反対する
のであれば、当然ながらそれ以上効果的な国際貢献案があるはずで、あるなら早急に
代替案を求めます。まさかとは思いますし考えられないことですが、もしそれすら無く反対
しているなら国会議員は辞職しなさい。私は無責任な半人前に国政を任せたいとは
思いません。国会議員どころか大人として熟成してから再立候補を果たすべきでしょう。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♠ 無題
自衛隊の給油活動を始め、国際協力しることは、
我国の義務である。
法的に無理や矛盾があれば、即刻、憲法改正すべきです。
高平 2007/09/29(Sat)19:34:02 編集
♠ ご意見ありがとうございます。
>高平さん

わが国のようにサミット参加国でODAなどを通じ国際的に途上国支援を広く行っている多少なりとも国際的な影響力のある国が国連など国際社会の声を全く無視することはできませんね。

ましてや国際社会で発言力を維持向上に寄与し国益になると言うのであればそれを中断する理由がなく、寧ろ積極的に参加した方がいいというのは妥当な判断であると思います。

無意味な前提で非現実的な世界観に立つ現憲法は運用に支障を来たし問題があると言わざるを得ません。当ブログ主も改正すべきであると考えます。
帝國人 2007/09/29(Sat)20:40:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
自爆テロに攻撃された日本船
テロ対策新法案、給油活動限定で…石破防衛相が方針(読売新聞) - goo ニュース ■自爆テロに攻撃された日本船 「命綱」の守りは多国籍軍任せ 英ペルシャ湾派遣艦ノーフォークの作戦日記によれば、2004年4月24日、石油積み出しターミナルが小型の高速ボートによる自爆攻撃の標的になった。ターミナルの損害は軽微だったが、係留中だった「高鈴」が危機に直面した。 ***以上一部引用*** 自民党は新法を制定でしてでも給油を継続する方針です。 それに対し、民主党は何が何でも反対の立場です。 後段の記事はと...
URL 2007/09/29(Sat)21:12:54
海上自衛隊、11/1にインド洋洋上給油から撤収
 政府はインド洋で給油活動を実施中の海上自衛隊の補給艦をテロ対策特別措置法の期限が切れる11月1日をもって撤収させると週明けにも米英軍などに通知する。日本の不在を際立たせないため、期限切れ後も調査などの名目で同海域にとどまらせることも検討したが、世論の批判を懸念し、直ちに帰還の途につかせる。補給艦の帰国は11月下旬の見込みだ。  テロ特措法の期限切れはすでに確実視されているが、政府は補給活動継続のための新法案の早期成立を目指していることもあり、撤収通告は先送りしていた。 参考記事 自爆テロの危険...
URL 2007/10/09(Tue)15:26:17
更新暦
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
御発言
[06/03 vessFluevaBer]
[05/30 vessFluevaBer]
[05/21 Breendaaop]
[05/15 Christinevci]
[05/01 elcolocol]
御連環
・順不同でお薦めリンク・

<相互>

奥さん、今日はどうしたの。

モンゴル自由連盟党

日 本 の 底 力

三 橋 貴 明 後 援 会

<軍事>

軍事板常見問題&良レス回収機構

週 刊 オ ブ イ ェ ク ト

Kojii.net : テクニカルライター・井上孝司

地 政 学 を 英 国 で 学 ぶ

数多久遠のブログ

軍事板初心者質問スレまとめ(FAQ)

日本周辺国の軍事兵器(中台)

日本周辺国の軍事兵器(韓北)

海国防衛ジャーナル

世界の軍事情勢と武器貿易

いろいろクドい話.

インテリジェンスと軍事など

防衛省防衛研究所

防衛省技術研究本部

防衛省装備施設本部

<政治>

【VNSI堕天使の槍】

づ ら 歯 科 日 記

明るい!?国家公務員のページ

日 比 野 庵 本 館

麻生太郎オフィシャルサイト

巡る因果の猫車

Danas je lep dan.

Consideration of the history

石破茂(いしばしげる)ブログ

雪斎の随想録

<経済>

新世紀のビッグブラザーへ blog

経済コラムマガジン

廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

HRSのドキュメント保管庫

日本経済常見問題

日本経済復活の会

代表戸締役 ◆jJEom8Ii3Eの妄言

金子洋一「エコノミスト・ブログ」

Baatarismの溜息通信

高橋洋一「ニュースの深層」

丹羽春喜の経済論

Gesell Research Society Japan

うずらのブログ

シェイブテイル日記

[世] 世界経済のネタ帳

<纏め>

JAXA|宇宙航空研究開発機構

チ ラ 裏 の 倉 庫

毎日新聞問題の情報集積wiki  

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

少年犯罪データベース

国籍法改正のまとめ

首相官邸ホームページ

インターネット政経要覧

人権擁護法案:まとめエントリー - 世界の中心で左右をヲチするノケモノ 【勃興編】

目からウロコの南京大虐殺論争

<中国の反応>

大 陸 浪 人 の ス ス メ

「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

ansan's楽しい中国新聞(中国ニュース)

中国リアルIT事情

<軍事動画>

陸上自衛隊チャンネル(YouTube)

海上自衛隊チャンネル(YouTube)

航空自衛隊チャンネル(YouTube)

在日米陸軍ch-ニコニコチャンネル

<趣味動画>

ニコニコ動画 料理カテ@wiki

suada.jp

世界の新着動画完走組 @Wiki

NNII - nico nico indies info

日本鬼子ぷろじぇくと まとめ@wiki

ニコニコ手芸祭まとめサイト
内検索
震災復興支援特設
出来ることを出来るだけ。
北朝鮮拉致特設
民主党政権での拉致事件の取り組みは果たして。見守っていきます。
Rescue the abductees
and their families

拉致問題 on twitter

めぐみさんたちは生きている!
救う会全国協議会

日本国政府:全ての拉致被害者を、日本は必ず取り戻す。
北朝鮮による日本人拉致問題

北朝鮮拉致関連書籍のご紹介
ブログ主
HN:
帝國人@free tibet
性別:
男性
趣味:
ニコニコ動画、映画、音楽、アニメなど鑑賞。2ch軍事板や関連サイト、ブログ巡回。
自己紹介:
相互リンクに関しまして任意のコメント欄に表明して下されば関係性を考慮の上、加えさせて頂きます。

業者の方のコメントやトラックバックはご遠慮下さい。IPアドレスから拒否させて頂きます。

画像変更。少し面白い画像と思っただけで特にタイフーン押しな訳ではありません。

かつて無い大災害に見舞われた方々には文字通りの大災難でありましたが一緒にまた歩き出しましょう。
御天気
天候が不安定でしたので設置。

-天気予報コム-
推薦図書
気になったら図書館で探してみる事をお薦め。手元に置きたくなったら是非ご購入を。
軍事学
(特に松村 劭戦術と指揮」)

地政学
(特に奥山 真司地政学」)

戦略論
(特にリデルハート戦略論」)

外交論
(特にジョセフ S.ナイ国際紛争」)

☆軍事書籍のベストセラー
(更にカテゴリーで絞っていくと見るだけでも面白いかと思われ)


=以下の人の本も(順不同)=


三橋 貴明

江畑 謙介

高橋 洋一

上念 司

岡部 いさく
経済・産業の本
ご紹介。
軍事・外交の本
更にご紹介。
ボーカロイドのうた
引き続きボカロ厨乙でございます。

ブログ主の御奨め
表示基準
Firefox15に最適化しております。
為替レート
通貨が安定するまでしばらく設置。
We Love Japan
携帯用
更新届
RSSに登録しておくと勝手に更新を通知するので確認する手間が省けます。
読者様
カンコンキンラジオ

Copyright (c)『帝國』ブログ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]