忍者ブログ
Admin / Write / Res
「朕が股肱の老臣を殺戮す、此の如き凶暴の将校等、その精神に於いても何の恕すべきものありや」(昭和天皇)
[333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マスコミ出演では比較的新し目の映像になります。

[07/09/14]報ステ 麻生太郎・福田康夫出演 01/03
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1060603


【コピペ】テレ朝は情報不足または偏向している by 麻生   [マスコミ関係コピペ]  
http://blog.so-net.ne.jp/current_affairs/2007-08-28

☆ソース
動画の7分15秒ごろから9分過ぎより抜粋
http://www.nicovideo.jp/watch/sm932423

ニコニコ動画が見れない人はこちら
http://www.vsocial.com/video/?d=104448

古館氏:注目されていた重鎮の福田さん、そして谷垣派、谷垣さんご本人。
福田さんと谷垣さん、このお二人、入るか入らないか色々言われたんですけども。
麻生さんどうなんでしょう?これ、お二人にあるいはどちらかに頼んで断られたのか、
全く要請そのものをしていないのか、どうなんでしょうか?
国民はかなりそこ関心をもっています。

麻生氏:あの~、私自身もちょっとあのご存知のように人事っていうのは・・、内閣の人事と
いうのは、総理の専権事項なんであって、これわれわれが、少なくともその経緯
等々を詳しく知っているわけはありません。これは大体どの内閣もほぼ同じだと
思いますんで、谷垣さんに頼まれたか、福田さんに頼まれたか、または断られた
かっていうことに関しては、私は今、全く知識あるいは情報がありません。

古館氏:そうですか~、あの麻生さん。あの小泉さんの時は小泉さんが1人でこもって
全部決めるっていうのは随分聞きましたけれども、安倍さんはこの状況下で
かなり麻生さんを頼りにして、麻生さんからアドバイスを受けたって聞いていた
だけに今質問したんですけども、本当にそうですか?

麻生氏:あの~、やっぱテレ朝の情報量の不足(笑)。

古館氏:そうですか~、間違いですか~。

麻生氏:もしくはテレ朝の情報量の偏向なんであって。

古館氏:そうですか~。

麻生氏:少なくとも、今回のどうでしょう~、安倍内閣の前回のに比べたら今回の方が、
少なくとも人事の情報が外に出る頻度が少なかったという事実を見ても、かなり
ご自分で判断された部分が大きいというのに理解された方が
よろしいんじゃないでしょうかね。

古館:はい、じゃわれわれテレビ朝日も精進したいと思いますが・・。

麻生氏:はい(頷く)

(以下略)


【コピペ】麻生外相、朝日の質問を優しく補完。動画有り   [政治家コピペ]  
http://blog.so-net.ne.jp/current_affairs/2006-09-27

・麻生外相は26日、再任の記者会見で以下のように語り、
朝日新聞への軽いジャブを放った。

 朝日記者:すいません、朝日新聞ですが、安倍首相のおっしゃる"日本とアジアのための
日米同盟"、これを小泉政権の日米同盟とどういう違いを出すかをお聞かせください。

 (中略)

 麻生外相:…アジアという質問でしたけど、アジアにおいて最大の民主主義国家
"インド"、世界においても最大ですけれども、そういった国々含めましてアジアと
いうものを重視していかなければならんと思っております。
たぶん中国のことを前提としてその質問をされたと思うんですけど…朝日新聞だから
そうなんだと思いますけど…。 (抜粋)

 http://www.youtube.com/watch?v=LtowHUg_ZTY
※朝日記者の質問は4:15あたりから、麻生外相のジャブは5:54あたりから。


【コピペ】麻生太郎氏、2chに言及andマスコミ批判   [政治家コピペ]  
http://blog.so-net.ne.jp/current_affairs/2006-09-20

テレ朝で総裁選後にインタビューがあり、以下のやり取りがあった。

総裁選に関して小宮さんの質問への答え

麻生太郎氏
「インターネットを使う世代(年代)が、当然として上がってきますんで、インターネットで育った、
もしくは2ちゃんねるで育った世代がさらに大きく成長してきたというのは、また別の社会現象
みたいなものが出てくるのかなと思いますし、速い反応が、偏った世論調査とは違って、
ネットが普及してくるとオンラインでつながっていくというのは世論を知る上で
大きなものだと私はそう思います。」

テレ朝の総裁選・報道特番より

動画
http://www.youtube.com/watch?v=N2qBFHDtK2E

麻生太郎、総裁選直後インタビュー
2ちゃんねる世代の台頭への期待感とマスゴミ批判
http://up2.viploader.net/mini/src/viploader72660.wmv


【コピペ】麻生太郎   [政治家コピペ]
http://blog.so-net.ne.jp/current_affairs/2006-02-18-5

■麻生太郎一⊿メモ ・保守系で愛国者。 英米・台湾好き。 中国・南北朝鮮 嫌い

・朝日新聞など反日サヨク系のマスコミを目の敵にしている
・明治維新の元勲・内務卿、 大久保利通の玄孫。 吉田茂 総理大臣の孫
・筑豊の炭坑王と呼ばれた祖父が築いた 麻生財閥(グループ企業80社)の当主
・曽祖父は岩倉遣欧使節団の一員で 外務・宮内大臣・枢密顧問官の牧野伸顕(伯爵)
・妻は 鈴木善幸 総理大臣の娘で、 実の妹は皇族(三笠宮寛仁親王妃)
・学習院大卒で、スタンフォード大学大学院・ロンドン大学大学院にも留学
・スタンフォード卒業直前に 吉田茂の働きかけでロンドン大大学院に無理やり転校
・西アフリカ・シエラレオネのダイヤモンド鉱山に2年間滞在するも内戦・革命が勃発し退却
・会社は 日本統治時代に朝鮮人を酷使し、敵対されているが、全く気にしていない
・生まれはいいのに 炭鉱町で育ちが悪いのか、べらんめえ調で口が悪い。
・英語はペラペラ、スタンフォード時代に覚えたアメリカ英語をロンドンで矯正させられる
・地元での絶大な経済力・権力・華麗な家系ゆえ、部落やチョンも手を出せない
・クリスチャンながら、毎年必ず靖国参拝(祖父吉田茂と 小学生の頃から)
・創価学会に敵対的で、野中広務を毛嫌いし、貧民部落出身と攻撃
・漫画歴60年?雑誌は週20冊。ジパング、三国志、ジョジョ、バキ、犬夜叉その他
・もちろん、普通の本も大量に読み、もの凄い知識量である。 頭はいいし、話題が豊富
・羽田空港のVIPルームでローゼンメイデンの1巻を読んでいるのを2ちゃんねらに目撃される
・大富豪のビルゲイツを呼んで、国会の安いカレーライスをおごる
・クレー射撃の元オリンピック(モントリオール)代表選手。 好きな漫画は もちろんゴルゴ13
・国会で「ネットで問題の掲示板が・・」に対し、「それって 2ちゃんねるのこと?」と聞き返す
・中国や韓国から敵視されているが、彼のほうでも中国・韓国を嫌っている
・総務大臣室にはゴルゴの「俺の背後に立つな」ポスターと回転するフィギュアが。
・後援会集会では、夫婦揃ってヅラにド派手衣装でマツケンサンバを歌い踊る。


<当ブログ補足>

動画については紹介しきれないのでまた後ほどまとめて扱います。

拍手

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASSWORD   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
中東大戦争前夜?急浮上するシリアとイスラエルの核紛争
   ||| 急浮上するシリアとイスラエルの核紛争 ||| 中東核戦争前夜?北朝鮮は核兵器をシリアとイランへ売ったのか? 核保有をめぐって急浮上する、シリアとイスラエル一触即発の危機 安倍首相の辞任騒ぎ以来、先週は欧米での日本の未来をいぶかる話題を、緊急でお伝えしてきた。しかしその間も、インドネシアでは地震が起き、タイでは飛行機が炎上し、アフガニスタンではタリバンへの空爆が続き、パキスタンではムシャラフが独裁体制を存続しようと大わらわで、イラクでは相も変わらず米兵と叛徒が死者の屍を積み上げている...
URL 2007/09/18(Tue)16:15:02
更新暦
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
御発言
[06/03 vessFluevaBer]
[05/30 vessFluevaBer]
[05/21 Breendaaop]
[05/15 Christinevci]
[05/01 elcolocol]
御連環
・順不同でお薦めリンク・

<相互>

奥さん、今日はどうしたの。

モンゴル自由連盟党

日 本 の 底 力

三 橋 貴 明 後 援 会

<軍事>

軍事板常見問題&良レス回収機構

週 刊 オ ブ イ ェ ク ト

Kojii.net : テクニカルライター・井上孝司

地 政 学 を 英 国 で 学 ぶ

数多久遠のブログ

軍事板初心者質問スレまとめ(FAQ)

日本周辺国の軍事兵器(中台)

日本周辺国の軍事兵器(韓北)

海国防衛ジャーナル

世界の軍事情勢と武器貿易

いろいろクドい話.

インテリジェンスと軍事など

防衛省防衛研究所

防衛省技術研究本部

防衛省装備施設本部

<政治>

【VNSI堕天使の槍】

づ ら 歯 科 日 記

明るい!?国家公務員のページ

日 比 野 庵 本 館

麻生太郎オフィシャルサイト

巡る因果の猫車

Danas je lep dan.

Consideration of the history

石破茂(いしばしげる)ブログ

雪斎の随想録

<経済>

新世紀のビッグブラザーへ blog

経済コラムマガジン

廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

HRSのドキュメント保管庫

日本経済常見問題

日本経済復活の会

代表戸締役 ◆jJEom8Ii3Eの妄言

金子洋一「エコノミスト・ブログ」

Baatarismの溜息通信

高橋洋一「ニュースの深層」

丹羽春喜の経済論

Gesell Research Society Japan

うずらのブログ

シェイブテイル日記

[世] 世界経済のネタ帳

<纏め>

JAXA|宇宙航空研究開発機構

チ ラ 裏 の 倉 庫

毎日新聞問題の情報集積wiki  

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

少年犯罪データベース

国籍法改正のまとめ

首相官邸ホームページ

インターネット政経要覧

人権擁護法案:まとめエントリー - 世界の中心で左右をヲチするノケモノ 【勃興編】

目からウロコの南京大虐殺論争

<中国の反応>

大 陸 浪 人 の ス ス メ

「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む

ansan's楽しい中国新聞(中国ニュース)

中国リアルIT事情

<軍事動画>

陸上自衛隊チャンネル(YouTube)

海上自衛隊チャンネル(YouTube)

航空自衛隊チャンネル(YouTube)

在日米陸軍ch-ニコニコチャンネル

<趣味動画>

ニコニコ動画 料理カテ@wiki

suada.jp

世界の新着動画完走組 @Wiki

NNII - nico nico indies info

日本鬼子ぷろじぇくと まとめ@wiki

ニコニコ手芸祭まとめサイト
内検索
震災復興支援特設
出来ることを出来るだけ。
北朝鮮拉致特設
民主党政権での拉致事件の取り組みは果たして。見守っていきます。
Rescue the abductees
and their families

拉致問題 on twitter

めぐみさんたちは生きている!
救う会全国協議会

日本国政府:全ての拉致被害者を、日本は必ず取り戻す。
北朝鮮による日本人拉致問題

北朝鮮拉致関連書籍のご紹介
ブログ主
HN:
帝國人@free tibet
性別:
男性
趣味:
ニコニコ動画、映画、音楽、アニメなど鑑賞。2ch軍事板や関連サイト、ブログ巡回。
自己紹介:
相互リンクに関しまして任意のコメント欄に表明して下されば関係性を考慮の上、加えさせて頂きます。

業者の方のコメントやトラックバックはご遠慮下さい。IPアドレスから拒否させて頂きます。

画像変更。少し面白い画像と思っただけで特にタイフーン押しな訳ではありません。

かつて無い大災害に見舞われた方々には文字通りの大災難でありましたが一緒にまた歩き出しましょう。
御天気
天候が不安定でしたので設置。

-天気予報コム-
推薦図書
気になったら図書館で探してみる事をお薦め。手元に置きたくなったら是非ご購入を。
軍事学
(特に松村 劭戦術と指揮」)

地政学
(特に奥山 真司地政学」)

戦略論
(特にリデルハート戦略論」)

外交論
(特にジョセフ S.ナイ国際紛争」)

☆軍事書籍のベストセラー
(更にカテゴリーで絞っていくと見るだけでも面白いかと思われ)


=以下の人の本も(順不同)=


三橋 貴明

江畑 謙介

高橋 洋一

上念 司

岡部 いさく
経済・産業の本
ご紹介。
軍事・外交の本
更にご紹介。
ボーカロイドのうた
引き続きボカロ厨乙でございます。

ブログ主の御奨め
表示基準
Firefox15に最適化しております。
為替レート
通貨が安定するまでしばらく設置。
We Love Japan
携帯用
更新届
RSSに登録しておくと勝手に更新を通知するので確認する手間が省けます。
読者様
カンコンキンラジオ

Copyright (c)『帝國』ブログ All Rights Reserved.
Material by *MARIA  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]